ダブル洗顔不要

MENU

ダブル洗顔にはどんなメリットやデメリットがある?

W洗顔 画像

 

ダブル洗顔とはそもそも何なのか?
知っている人が多いと思いますが、つまりメイク落としを
使用した後に洗顔料を使って洗顔するという
洗顔方法の事です。

 

クレンジングオイルがブームになったころから、ダブル洗顔が
主流の方法になりました。

 

メイクを行う女性のほとんどがダブル洗顔をしているという
調査結果も出ています。

 

しかし、小じわや乾燥などのトラブルが増え、もしかしたら
洗顔方法に原因があるのではないか?と、洗顔方法が
見直されてきているのをご存知ですか?

 

普段、何気なく行っているダブル洗顔の是非は意見が分かれて
しまうものですが、ここでダブル洗顔が肌に与える影響を
まとめてみましょう。

 

 

メリット

 

使用感がさっぱりしているので、油っぽいお肌の方におすすめ

 W洗顔 画像

 

クレンジングオイルは肌残りしやすいので、石鹸洗浄成分が
入った洗顔料をあわせて使う事になるでしょう。

 

石鹸成分は皮脂などを落としてくれるので、洗い上がりはさっぱり。
皮脂や汗が多い夏や脂っぽい脂性肌の方に嬉しい使用感です。
さっぱりとして洗い上がりが好きな人に良いですね。

 

メイクをしっかり落とせるので、肌トラブルが減る

 W洗顔 画像

 

毛穴に入り込むファンデーションなど、メイク汚れをしっかり
落とす事が出来ます。

 

メイク汚れはホコリや油もそこに残されてしまい、肌トラブルや
毛穴の黒ずみなどの原因に。

 

油性成分を含むメイク汚れは、洗浄力に優れるクレンジングの
使用が適しています。

 

ウォータープルーフの頑固なメイクも、クレンジングオイルなら
簡単に落とす事が出来るので、メイクをばっちりするという方にも
適しているでしょう。

 

 

デメリット

 

皮脂分泌が促される

 W洗顔 画像

 

皮脂を綺麗に落としてしまうので、皮脂を必要以上に分泌
するようになってしまい、毛穴のつまり、吹き出物、テカリ肌
原因になってしまいます。

 

肌のバリアを壊して肌トラブルを起こす

 W洗顔 画像

 

メイクをしっかり落とすと肌トラブルが減るという効果も
あるのですが、洗いすぎると逆にトラブルになってしまう事も。

 

必要以上にうるおい、皮脂を落とすと敏感肌や乾燥肌
なってしまい、シミ、しわ、老化に繋がります。

 

肌をこする回数が多いと、肌に刺激を与えてしまいますし
くすみや色素沈着の原因になってしまう事も。
汚れを落とす事は大切ですが、こすり洗いのし過ぎも良くないのです。

 

手間がかかり面倒臭い

W洗顔 画像

 

クレンジング、洗顔料を使う二度手間が時間がかかり面倒臭い
という点が、忙しい人にとっては負担になりがちです。

 

 

どうですか?ダブル洗顔のメリットとデメリットについて
理解できたでしょうか。

 

確かにメイク汚れを落とすにはクレンジングオイルが適して
いますが、肌のバリアを壊したり負担になってしまうので
トラブルの元になる事もあるのです。

 

ダブル洗顔不要クレンジングならどれでも肌負担が少ない
という事ではないので、自分のお肌に合ったアイテムを選ぶ事も
大切です。人気や話題性にとらわれず、肌質に合った商品を選びましょう。